性欲減退に繋がるタバコと改善のためのストレッチ

性欲減退の要因の一つとしてタバコがあげられます。
なぜかというと、いくつか説がありますが一番有力な説は血流が悪くなることです。
ご存知のとおり性欲が高まると男性は勃起しますが、勃起の仕組みは陰茎に血が集まるからです。しかし、血流が悪いと勃起が上手くいかず、結果的に性欲も減退してしまうのです。
また、一度勃起が上手くいかないと、性交渉での悪い記憶などがトラウマとなって血流に関係なく勃起が上手くいかなくなるケースもありますので、これも性欲減退に繋がっていきます。したがってタバコを吸うときはこうした点も踏まえて適度に吸うのが一番です。

では性欲の改善方法をご紹介していきます。
これはずばりストレッチです。ストレッチは血流を良くするだけでなく、筋肉も刺激することで新陳代謝が良くなり、筋肉の弾力や柔軟性が血流の働きを助けることに繋がります。
したがって陰茎に血が行き届きやすくなりますので、性感帯の刺激にも繋がり性欲が向上します。

具体的なストレッチ方法ですが、まずは足を中心にストレッチを行っていきましょう。足は第二の心臓と呼ばれるくらい血流を良くする筋肉を備えています。お風呂上りに屈伸運動や、つま先立ちを10分程度繰り返してみてください。
血流が良くなり全身が少しポカポカしてくればもうじゅうぶんです。

それから股関節の血流を良くするために、しこ立ちも行いましょう。相撲取りが土俵で構えるポーズです。足をしっかり開いて股関節が伸びているか意識して力を入れてください。こちらも10分程度でじゅうぶんです。

いかがでしょうか。タバコは悪いことばかりではありません、精神的に安定させる効果もあるため必ずしも性欲減退には繋がりませんが、血流を良くするためにストレッチも同時に行ってみましょう。